マランツ「PM6007」の機能レビューとおすすめのスピーカー

スピーカー
本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります
スポンサーリンク

プリメインアンプで良い音を聴きたいけど、どのメーカーが良いのかわからない、価格も高いイメージがあったり、性能や音はどれほど良くなるかもわからなくて、プリメインアンプは敷居が高いと感じていませんか?
そんな方には実売価格6万以下のマランツのプリメインアンプ「PM6007」がピッタリ!
今回は、マランツ「PM6007」のクラスを超えた機能とおすすめのスピーカーをご紹介します。

マランツ「PM6007」
created by Rinker
スポンサーリンク
  1. マランツ「PM6007」の特徴と魅力
    1. 「PM6007」は性能に対し非常にリーズナブル
    2. 高音質DAC「AK4490EQ」とデジタルフィルターを採用
    3. シールドボックスや導電性ポリマーコンデンサーによりノイズを遮断
    4. バイワイヤリング接続が可能
    5. フォノイコライザー搭載なのでアナログレコードも楽しめる。
    6. 金メッキのスピーカーターミナルと入出力端子
    7. マランツ「PM6007」の音質の特徴とパワー
      1. Bowers&Wilkins「800D3」とは?
  2. マランツ「PM6007」におすすめのスピーカーを選ぶ上で重要なポイント
    1. 「PM6007」の「スペックを理解する」
      1. 定格出力
      2. インピーダンス
      3. 周波数特性
    2. 「PM6007」で「特に何を聞くのかジャンルをはっきりさせる」
    3. 「PM6007」とスピーカーの「設置場所」
    4. スピーカーの能率
    5. 「PM6007」におすすめなスピーカー選びのポイントまとめ
  3. マランツ「PM6007」におすすめなスピーカーはこれ!
    1. JBL「Stage A130」
      1. 「Stage A130」が「PM6007」におすすめな理由
      2. さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!
    2. JBL「STAGE A190」
      1. 「STAGE A190」が「PM6007」におすすめな理由
      2. さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!
    3. DALI 「OBERON1」
      1. 「OBERON1」が「PM6007」におすすめな理由
      2. さらにスピーカーを足すならおすすめはこれ!
    4. DALI「OBERON5」
      1. 「OBERON5」が「PM6007」におすすめな理由
      2. さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!
    5. TANNOY「Platinum B6」
      1. 「Platinum B6」が「PM6007」におすすめな理由
    6. TANNOY「Platinum F6」
      1. 「Platinum F6」が「PM6007」におすすめな理由
    7. ELAC「DBR 62」
      1. 「DBR 62」が「PM6007」におすすめな理由
      2. さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!
    8. B&W「607 S2 AE」
      1. B&W「607 S2 AE」を「PM6007」におすすめする理由
      2. さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!
  4. まとめ

マランツ「PM6007」の特徴と魅力

「PM6007」を紹介する上で、まずこのプリメインアンプの特徴と魅力についてご紹介します。

「PM6007」は性能に対し非常にリーズナブル

低コスト

「PM6007」のメーカー希望価格は64,000円(税別)。
実売価格は平均54,000円ほどで、最安値では5万を下回るほどの価格になることもあります。
安価であれば、音も良くないのではというイメージがあるかもしれませんが、「PM6007」そのイメージを簡単に覆してくれるほどの性能と音質を持っています。
では、性能に対しリーズナブルな価格と言える理由をこれからご紹介します。

マランツ「PM6007」
created by Rinker

高音質DAC「AK4490EQ」とデジタルフィルターを採用

by:https://www.marantz.jp/

1番の特徴は、マランツの上位モデルでも使用されている旭化成エレクトロニクスのDAC「AK4490EQ」を採用している点。
このDACは定価¥500,000のAVアンプ「AV8805」や、最近のモデルであれば定価¥120,000の「PM7000N」に採用実績のある高品質DACです。

「PM6007」の背面デジタル入力端子部

さらに、新たな機能としてデジタルフィルターが搭載されています。
デジタルフィルターとはデジタルの音源を「Filter1」と「Filter2」の2つの音質分けることができる機能で入力ソースが“COAXIAL”、“OPTICAL ”の場合にのみ操作することができます。
例えば、CDプレーヤーから同軸デジタル端子(COAXIAL)を使用して接続したり、PCから光ケーブル(OPTICAL)の出力を使用して「PM6007」に接続する際に使用することになります。

「Filter1」と「Filter2」のそれぞれの特徴は下記のようになっています。

Filter 1
(初期設定)

非常に正確なサウンドステージとスムースなトーンバランスです。原曲を忠実に再現するのに向いています。

Filter 2

ニュートラルなトーンバランスで、“Filter1”と比べるとわずかに明るい音調。

シールドボックスや導電性ポリマーコンデンサーによりノイズを遮断

囲われている部分がシールドボックス

デジタル回路部分は音声などの入力があると必ずノイズが発生しアナログ回路に影響を与え、音質が劣化してしまいます。
そこで重要なのが「PM6007」の2つ目の特徴であるシールドボックスです。
「PM6007」にはデジタル回路にシールドボックスを使用し、ノイズを遮断、電源ラインには導電性ポリマーコンデンサーを用い、高周波ノイズを低減しています。

さらにデジタル回路を使用しない場合には電源の供給を停止するなど、ノイズを徹底的に除去することで、アナログの音質が損なわれないように設計されています。

バイワイヤリング接続が可能

スピーカー選びにおいて、バイワイヤリング対応スピーカーも選べるのも「PM6007」の魅力です。バイワイヤリング対応スピーカーとは、高音域を担当するツィーターに一組のスピーカー接続端子、低中音域を担当するウーハー部に一組のスピーカー接続端子が搭載されているスピーカーです。

バイワイヤリング接続のメリットは、スピーカーのツィーター、ウーハー部それぞれから来る「逆起電力」というノイズの影響を大幅に減少させることができ、高音質化をはかれること。

また、「PM6007」のスピーカーターミナルは2系統あるので、バイワイヤリング接続だけでなく、2組のスピーカー切り替えもできます。

つまり、音の表現の方向性の全く違うスピーカーを2組つなげて、「クラシックの時はこのスピーカー」「POPSの時はこのスピーカー」と好みに合わせて音楽を楽しむこともできます。

フォノイコライザー搭載なのでアナログレコードも楽しめる。

MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを搭載しているので、気軽にアナログレコードを楽しみたい方にもピッタリです。

フォノイコライザーやMMカートリッジについてはこちら👇

レコードプレーヤーの必須知識!フォノイコライザーとカートリッジとは?

 

金メッキのスピーカーターミナルと入出力端子

by:https://www.marantz.jp/

他の物質と反応しない劣化しない金属である「金」でスピーカーターミナルと入出力端子をコーティングすることで、経年変化や信号の劣化を防止しています。

マランツ「PM6007」の音質の特徴とパワー

「PM6007」の音を聞いた専門家や数々のレビューを調べると、「PM6007」の音質の特徴で特に共通しているのは、左右の音のバランスがしっかり取れているので、L/Rのスピーカーの間にステージが綺麗に再現され、演奏している様子やボーカルの息使いまで判断できるほどリアルな音を楽しめるほどの高音質ということ。
マランツ特有のクリアな音質、音像定位の良さやそれぞれの楽器の奏でる音の解像度や女性ボーカルの表現力の高さはこの価格帯のプリメインアンプの中では、ずば抜けて良い印象です。

また、十分なパワーもあるのも魅力の1つ。試聴時にはイギリスの高級スピーカーブランド「Bowers & Wilkins」フラッグシップモデルの巨大なフロアスタンディングスピーカー「800D3」を綺麗に鳴らしてくれるほどのパワーもあるので、プリメインアンプのエントリーとして購入しても飽きることなく長く使えるプリメインアンプと言えます。

マランツ「PM6007」
created by Rinker

Bowers&Wilkins「800D3」とは?

この投稿をInstagramで見る

Bowers & Wilkins(@bowerswilkins)がシェアした投稿

定価¥4,500,000(ペア、税別)※ピアノブラック仕上げ

●型式:3ウェイ4スピーカー・バスレフ型
●使用ユニット:25mmドーム型トゥイーター、150mmコーン型ミッドレンジ、250mmコーン型ウーファー×2
●クロスオーバー周波数:350Hz、4kHz
●周波数レンジ:13Hz~35kHz
●インピーダンス:8Ω
●推奨アンプ出力:50W~1000W
●出力音圧レベル:90dB/2.83V/m
●寸法/質量:W413×H1217×D611mm/96kg
●カラーリング:ピアノブラック、ローズナット(¥4,250,000ペア、税別)

404 Not Found

マランツ「PM6007」におすすめのスピーカーを選ぶ上で重要なポイント

これだけ魅力的な機能・性能が詰まった「PM6007」におすすめのスピーカーをどのように選べばよいでしょうか?
「PM6007」におすすめのスピーカーを選ぶ上で特に重要なポイントが4つの点をあげてみました。

  1. 「PM6007」の「スペックを理解する」。
  2. 「PM6007」で「特に何を聞くのかジャンルをはっきりさせる」。
  3. 「PM6007」とスピーカーの「設置場所」。
  4.   スピーカーの能率

「PM6007」の「スペックを理解する」

スピーカー選びにおいて「PM6007」のスペックの内、特に重要な情報は「定格出力」「インピーダンス」「周波数特性」です。

この情報をしっかりと理解しないと、良い音を聞けないばかりか、アンプやスピーカーの故障の原因にもなります。
この3点からスピーカーを選ぶ際に必要なスピーカー側のスペックもご説明します。

マランツ「PM6007」のスペック

定格出力 45 W + 45 W(8 Ω、20 Hz–20 kHz) 60 W + 60 W(4 Ω、20 Hz–20 kHz)
対応インピーダンス 4-16Ω
全高調波歪率 0.08 %(8 Ω、20 Hz–20 kHz)
周波数特性 10 Hz-70 kHz (+0 dB-1 dB)(CD、1 W、8 Ω)
ダンピングファクター 100(8 Ω、40 Hz–20 kHz
PHONO最大許容入力 100 mV(1 kHz、MM)
RIAA偏差 ±1.0 dB(20 Hz – 20 kHz)
S/N比 PHONO(MM) 83 dB(5 mV入力、1 W出力)、LINE 102 dB (2 V入力、定格出力)
ヘッドホン出力 50 mW / 32Ω

定格出力

ブックシェルフスピーカー1

「PM6007」の定格出力は8Ω・45W、4Ω・60Wとなっています。
一般的な住宅で聴く分には45Wもあれば全然問題ありません。10Wほどでも家の壁が振動するほどになるからです。

しかし、スピーカー側の対応W数が45Wを下回ると、AVアンプ側の出力を最大限に上げた時にスピーカーの側が壊れる危険があるので注意が必要です。また、一般的にスピーカーはアンプの最大出力の2倍のものを使うと良いとされています。

そこで、1つ目の基準は、スピーカー側の推奨アンプ出力が45-120Wのものがおすすめ。
(※推奨アンプ出力が45Wより下でも、40W~100Wというような表記であれば問題なく再生できます)

インピーダンス

電送イメージ

インピーダンスとは、スピーカー内部の回路を信号が流れるときの電気抵抗のことです。
インピーダンスの単位は「Ω(オーム)」で、数値が大きいほど抵抗が大きく、電気信号が流れにくく、数値が小さいと流れやすくなります。

「PM6007」の適合インピーダンスは4-16Ωなので、注意が必要なのは4Ωより下のスピーカーは選ばないことです。この適合インピーダンス範囲内のものであれば大丈夫です。しかし、4Ωのものはその分消費電力大きくなり、「PM6007」もスピーカー側も十分なポテンシャルを発揮させることが難しくなります。

それで、2つ目の基準は、「PM6007」におすすめなスピーカーのインピーダンスは4- 16Ωのものがおすすめ。

周波数特性

周波数特性

「PM6007」の周波数特性は10~70kHzです。
一般的にスピーカー側の周波数特性は60Hzよりも低い音を出せれば、十分に低音を再生できるスピーカーと言えます。しかし、別でサブウーファーを購入しないと決めているのであれば、周波数特性はより低いHzが出るほうがおすすめです。

個人差もあるところですが、スピーカー側の周波数特性がより低いHzから出ると、スピーカーから伝わる空気感にも違いが出てくると言われています。

今回の3つ目の基準は、サブウーファーを足さない場合はスピーカーの周波数特性が60Hzより下のものがおすすめ。

「PM6007」で「特に何を聞くのかジャンルをはっきりさせる」

デジタル入力端子もある「PM6007」はテレビの音などももつないで楽しめるので、音楽だけでなく、ゲームや映画などの様々なコンテンツを楽しむことができます。スピーカーを選ぶ際には、特に何を聞くのかジャンルはっきりさせることで、そのジャンルに合ったスピーカーを選ぶ助けになるので、とても重要なポイントです。
「PM6007」で「映画やゲーム含め、全てのジャンルを広く楽しみたい」ですか?
それとも「音楽のみを楽しみたい」のでしょうか?
音楽だけなら「音楽の好みのジャンル」は何でしょうか?
具体的に考えてあらかじめジャンルを絞っておきましょう。

「PM6007」とスピーカーの「設置場所」

「PM6007」とスピーカーはリビング、書斎、寝室、オーディオルームなどどこに設置しますか?
部屋の広さはどうですか?
カーペットや絨毯などがひかれていますか?
それともフローリングで、何の障害物もない響きやすい部屋でしょうか?

広さや環境により、スピーカー選びも変わってくるので、どこに置くか前もってしっかりと決めておくのもスピーカー選びの点で重要なポイントです。

スピーカーの能率

能率とはdB(デシベル)で表示されるもので、日本では1W(ワット)に相当する電圧を加えた時、スピーカーシステムの正面軸上1mのポジションにマイクを置いて測定した値で規定されています。

能率が高いほど、少ないアンプの出力(W)で大きな音が出せます。しかし、能率が高く、大きな音が出ればいい音かというと、そうとは限りません。
ただし、あまりにも能率が低いとそれだけアンプ側に出力が必要になり、出力の余裕がないとアンプに電気的負担をかける結果になります。

そこで、「PM6007」の場合、能率は標準的な値である85dB以上あるものがおすすめです。

スピーカー

しかし、ブックシェルフスピーカーの中には低音再生能力を高めるために能率が低いものもあります。低音を出すためにコーンの重量を重くするため、必然的に能率が悪くなるので大出力のアンプが必要になるという訳です。

ただし、机の上などで近づいて聴くなら能率が80dB台前半でもそれほどパワーは要りません。

「PM6007」におすすめなスピーカー選びのポイントまとめ

リサーチ

  1. スピーカー側の推奨アンプ出力が45W-120Wのもの。
  2. スピーカーのインピーダンスは4-16Ω。
  3. スピーカーの周波数特性が60Hzより下からのもの。
  4. 能率は85dB以上あるもの。

これらの基準をもとに、おすすめのスピーカーを選出していきます!

マランツ「PM6007」におすすめなスピーカーはこれ!

スピーカー選びのポイントを抑えつつ、数々のスピーカーの中から、「PM6007」におすすめなスピーカーを選出しました。

JBL「Stage A130」

アメリカの企業、ハーマンインターナショナルのJBLブランドから

プロ直系の音質と優れたコストパフォーマンスを兼ね備えたスピーカーシステム」

と紹介されたSTAGEシリーズのブックシェルフスピーカー「Stage A130」。

推奨アンプ出力が20~125W、インピーダンスは6Ω、再生周波数帯域も55Hz~40kHz、能率も86㏈と申し分なし。リーズナブルでパンチ力のあるスピーカーを探しておられるならおすすめのスピーカーです。

この投稿をInstagramで見る

Олимпия Hi-Fi(@olympia_hifi)がシェアした投稿

デザインもシックなデザインでまとまっていますし、サイズも外形寸法:190W×321H×245Dmmとコンパクトなので、リビングや寝室、書斎に置いても馴染みやすく、悪目立ちすることはありません。

「Stage A130」が「PM6007」におすすめな理由

「PM6007」にJBLのスピーカー、「Stage A130」をおすすめする一番の理由は、その低コストからは想像できないほどの全音域の解像度は高さ!
「Stage A130」はJBLの特徴でもあるバスレフ型スピーカーなので驚くほどパワフルな低音を響かせてくれます。また低音域だけでなく、高音域もキレのあるパキッとした印象で、クリアなサウンドを響かせてくれます。

さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!

この投稿をInstagramで見る

Олимпия Hi-Fi(@olympia_hifi)がシェアした投稿

スピーカーを足すならJBLの「Stageシリーズ」で統一したほうがおすすめです。

シリーズで統一すると、音のムラも起こりませんし、リビングに置いても統一感があってオシャレです。
サブウーファーに「STAGE SUB A100P」を加えさらにパンチ力ある重低音と迫力のサウンドを楽しめます。

JBL「STAGE A190」

もう一つJBLブランドおすすめしたいのは、同じStageシリーズのトールボーイスピーカー「STAGE A190」です。

「STAGE A190」のスペックは推奨アンプ出力20~225W、インピーダンスは6Ω、周波数特性36Hz~40kHz、能率は91㏈と能率の高さも魅力的です。

この投稿をInstagramで見る

Utama Audio ⭕(@utama_audio)がシェアした投稿

サイズは幅260 x 高さ1070 x 奥行390 mmと少し大きめなトールボーイスピーカーなので、配置場所はリビングルームなど、比較的広い部屋の方が圧迫感もなくおすすめです。

「STAGE A190」が「PM6007」におすすめな理由

by:Amazon

STAGE A190」を「PM6007」におすすめする一番の理由は、広く一定な定指向特性により、どこにいても自然な音響バランスで音楽を聴けるところ。これはプロ用モニタースピーカーのために開発された最新のホーン技術が高域に採用されているので可能となりました。

「PM6007」をリビングに設置するなら、どこにいても同じような音響バランスで聴くことができます。

また203㎜のウーファーがJBLお得意の低音域も見事に鳴らしてくれるので、「PM6007」から流れるハイレゾのサウンドを低音域から高音域に至るまで余すところなく鳴らしてくれます。

さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!

いや!もっと低音域に迫力が欲しい!という方には、サブウーファーに「STAGE SUB A100P」を加えるなら、さらに迫力満点の低音を楽しめます。

サブウーファーを足すことで、「STAGE A190」の低域に余裕が生まれ、中高域の音がさらに生き生きした音になるのでおすすめです。

DALI 「OBERON1」

DALI(ダリ)はデンマークのスピーカーブランド。
中でもOBERON1」は世界中で高い評価を得ているブックシェルフスピーカーで、日本でも圧倒的な人気を誇っています。

スペックは推奨アンプ出力が25-100W、インピーダンスが6Ω、再生周波数帯域は51Hz-26kHz、能率は86㏈とまさしく「PM6007」におすすめなスピーカー。

この投稿をInstagramで見る

DALI A/S(@dalispeakers)がシェアした投稿

デザインは流行り廃れのないスタイリッシュな北欧デザイン、サイズも横幅162×高さ274×奥行234mmと置き場所にも困りません。
リビングルームのテレビサイド、寝室、少し大きいデスクであればデスクスペースにも置けるサイズです。

「OBERON1」が「PM6007」におすすめな理由

OBERON1」を「PM6007」におすすめする一番の理由は、低音域から高音域までの音質のバランスの良さ!
曇った音の感じは一切なく、透明感のあるサウンドで、特に高音域に定評があり、聴き疲れのないオールラウンダーなスピーカーです。

映画、音楽、PS4、任天堂switchなどのゲーム機など、様々なジャンルを楽しまれたい方には、どんなソースの音楽でも豊かに表現してくれるOBERON1はちょうどいいスピーカーと言えます。

この投稿をInstagramで見る

DALI A/S(@dalispeakers)がシェアした投稿

また、その比較的小さなサイズや精錬されたデザインは、「PM6007」を様々なジャンルで楽しまれたい方にとって、どこにでも置きやすいという点でも使いやすいスピーカーです。

「2chだから、映画などのコンテンツは楽しめないのでは?」と思われるかもしれませんが、低域から高域までワイド表現力の高いOBERON1はTVの音では表現しきれない小さな効果音から、臨場感あふれる迫力のサウンドまで忠実に鳴らしてくれます。

さらにスピーカーを足すならおすすめはこれ!

「PM6007」にはサブウーファー端子があるので、低音にもう少し迫力が欲しい方は、サブウーファーに「SUB E9F」を加えることをおすすめします。

2.1ch構成なら、SFやアクション映画、FPSゲームの銃火器やヘリの音などの迫力はさらに増すうえ、「SUB E9F」が電気的に負担の大きい低音を鳴らしてくれるので、「OBERON1」の低音域に余裕が生まれ、「OBERON1」がより豊かなサウンドを響かせてくれます。

DALI「OBERON5」

もう一つDALIから「PM6007」におすすめするスピーカーは、DALIから

究極のパフォーマー

と紹介されているOBERON5」です。

「OBERON5」のスペックは、推奨アンプ出力が30W~150W、インピーダンスは6Ω、再生周波数帯域は39Hz~26kHz、能率は88㏈と「PM6007」にピッタリです。

この投稿をInstagramで見る

DALI A/S(@dalispeakers)がシェアした投稿

サイズは幅162mm × 高さ830mm × 奥行283mmとトールボーイ型スピーカーの中では比較的コンパクトなので、リビングルームだけでなく、寝室でも家具が少ないなら圧迫感なく置けます。

「OBERON5」が「PM6007」におすすめな理由

「OBERON5」を「PM6007」におすすめする一番の理由は、ピアノの伴奏とボーカルの帯域の表現力の高さが優秀なこと。
もちろん低音域から高音域に渡って豊かなサウンドを奏でてくれるのですが、低音域と中音域の二点は特に素晴らしい表現力を持っています。

また、「OBERON5」は広い指向性を持っているのも特徴です。一つのスポットでしかベストサウンドを楽しめないということはなく、広いスポットで楽しめます。

映画やライブを見ているとき、リビングのどこにいてもベストサウンドを聴けるのは魅力的です。高音質のライブサウンド、R&B、女性ボーカルメインの楽曲が好きな方におすすめです。

さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!

この投稿をInstagramで見る

DALI Lautsprecher Deutschland(@dali_hifi)がシェアした投稿

「OBERON5」の低音域の役割をDALIのサブウーファー「SUB E9F」に任せるなら、「OBERON5」の中高音域がより豊かになります。

2.1ch構成の魅力は、電気的に負担の大きい低音をサブウーファーが鳴らしてくれること。「OBERON5」の低音域にかかる負担が少なくなる分、中高音域の解像度はさらに向上しますで、サブウーファーに「SUB E9F」を足すのはおすすめです。

TANNOY「Platinum B6」

TANNOYはイギリスで創業された90年以上の歴史をもつ老舗オーディオブランド。
その中の「Platinum B6」はエントリークラスに属する「Platinum」シリーズのモデルです。

「Platinum B6」のスペックは推奨アンプ出力は20W~80W、インピーダンスは8Ω、周波数特性は50Hz – 20kHz、能率は86㏈。

platinum_b6

by:TANNOY

サイズは幅230 × 高さ360 × 奥行235 mm。
おしゃれでスタイリッシュなデザインなので、リビングルームに置いても、インテリアの雰囲気を損なうことはありません。ブックシェルフスピーカーとしては、大きめなので、コンパクトな空間にはあまり向いていないかもしれません。

「Platinum B6」が「PM6007」におすすめな理由

Platinum B6」を「PM6007」におすすめする一番の理由は、実際にコンサートホールで聴いているかのような音の響きとして伝え、臨場感を味わえる点。
「PM6007」から送られてくる音源を「Platinum B6」は忠実にリアルに再現してくれます。表情が豊かで聴いていて楽しいスピーカーです。

その臨場感や表情を表現しているのが、1インチのシルクドームツイーターと6.5インチのマルチファイバーペーパーコーンです。ツイーターはスムーズな音色でボーカルや楽器を細部まで正確に表現し、ペーパーコーンは低域を柔らかく厚みのある音として表現します。

by:TANNOY

後述するB&W 「607」と対照をなすスピーカーで、ハキハキと、くっきりした印象を与えるB&W「 607」に対し、柔らかく包み込むような、情感あふれるサウンドが魅力なのがPlatinum B6です。

「PM6007」にはスピーカーターミナルは2系統あるので、それを活用して「B&W 607」と「Platinum B6」両方つなぎ、気分や楽曲に合わせて切り替えて楽しむのも良いかもしれません。

TANNOY「Platinum F6」

もう一つTANNOYからおすすめしたいのは同じ「Platinum」シリーズのフロアスタンディングスピーカー「Platinum F6」です。

「Platinum F6」の推奨アンプ出力は20~150W、周波数特性は40Hz – 20kHz、インピーダンスは8Ω。能率は87dBです。

この投稿をInstagramで見る

Tannoy(@tannoy1926)がシェアした投稿

外形寸法は幅300 × 高さ1,078 × 奥行233mmと大きめのサイズなので、比較的広いスペースに配置するのがおすすめです。

「Platinum F6」が「PM6007」におすすめな理由

「Platinum F6」を「PM6007」におすすめする一番の理由は、表現力も解像度も豊かな低音域とリアルな高音域サウンドです。

スピーカーの背部にあるバスレフと広い指向性を持つツイーターが生み出す没入感のあるサウンドはどのジャンルの音楽を再生してもその世界に引き込まれてしまいます。

ELAC「DBR 62」

ELAC「DBR 62」
created by Rinker

次に「PM6007」におすすめしたいスピーカーはELAC「DBR 62」です。
本製品は“Debutシリーズ”のうち、日本未発売の2ウェイ/ブックシェルフ型モデル「Debut B6.2」をベースとして、スピーカーエンジニアのアンドリュー・ジョーンズ氏がジュアルでレトロな外観、屈託なく気持ちよく鳴るチューンを加えたというスペシャルモデル。

「DBR 62」のスペックは推奨アンプ出力最大で120W、周波数特性は44Hz~35kHz。インピーダンスは6Ω、能率は86㏈となっています。

この投稿をInstagramで見る

ELAC(@elacaudio)がシェアした投稿

「DBR 62」サイズは幅208 × 奥行275 × 高さ359mm
幅が約20㎝とスリムなので、TVの横やちょっとしたスペースにも置きやすいサイズです。また、フロントバスレフなので、設置する場所の後ろの壁との距離をあまり気にしなくて良いのも魅力です。

「DBR 62」が「PM6007」におすすめな理由

「DBR 62」を「PM6007」におすすめする一番の理由は、上位モデル“VELAシリーズ”にも採用されるウェーブ・ガイドにより可能となった、歪みがなく広いリスニングスポットをもつクリアな高音域です。しかし、高音域だけがこのスピーカーの魅力ではありません。

ELAC「DBR 62」
created by Rinker

ベースとなった「Debut B6.2」も海外では非常に評価の高いエントリークラスのスピーカーですが、この「DBR 62」は剛性強化とバッフル強化よる振動対策より、「Debut B6.2」よりも全体的な音のクオリティが格段に向上しています。

この投稿をInstagramで見る

Sam(@paimondaemon)がシェアした投稿

海外の「DBR 62」のレビュー記事でも触れられていますが、「DBR 62」のサウンドは耳に馴染む自然なサウンドです。そのため、激しい曲調の音よりも、ジャズやボーカルを多用しているゆったりとした曲の方が表現するのに向いています。

トップとサイドのパネルのジョイント方法を見直し、エンクロージャーの強度が格段に向上した結果、ボイスやギターなどの中音域を忠実に再現し、フォークやジャスの音を忠実に再現してくれるスピーカーとなっています。

さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!

「Debut S10.2」 パワード・サブウーハーを加えることにより、これまで聴いたことのない低域を楽しむことができます。

200Wの出力を持つこのサブウーハーは、低域の周波数帯域を引き締め、ライヴ・パフォーマンスに匹敵するクオリティを引き出してくれます。

B&W「607 S2 AE」

B&W(Bowers & Wilkins)はイギリスの企業B&W Group Ltdによって製造される高級スピーカー専業ブランド。そのブランドのエントリーモデルの「607 S2 AE」は、「PM6007」の試聴室でも使用された、B&Wフラッグシップラインである「800 D3シリーズ」に搭載された最新技術が盛り込まれたモデルです。

スペックは推奨アンプ出力は30W – 100W、インピーダンスが8Ω、再生周波数帯域は40Hz~33kHzと紹介するブックシェルフスピーカー中では一番低いHzから対応しています。

サイズは幅165 × 高さ300 × 奥行231mm。
非常に質感が高く、「607 S2 AE」を置くだけでインテリアのの雰囲気も上げてくれる高級感あふれるデザイン。コンパクトなサイズなので、置く場所を選びません。

B&W「607 S2 AE」を「PM6007」におすすめする理由

「PM6007」にB&Wのスピーカー、「607 S2 AE」をおすすめする一番の理由は、映画や音楽などジャンル問わず迫力のサウンドを届けてくれる全体的なクオリティの高さがあるからです。音の解像感が高く、精緻で厳格な描写が楽しめます。また、音切れが良くレスポンスも爽快。筆者が特におすすめしたいスピーカーです。

ブックシェルフスピーカーでは、低音を鳴らすのが難しいと言われていますが、「607 S2 AE」はベースやバスドラムのサウンドがぼやけることなく、しっかりと描かれています。

B&W「607 S2 AE」はどんな音も輪郭がはっきりとしたサウンドを鳴らしてくれます。
好みのわかれるところですが、コーラスでもそれぞれの声がはっきり分かれて聴こえますし、高音にもハリがあります。高音の解像度が高く、メリハリのある高音で、シンバルやハイハット、ソプラノ、エレクトロサウンドなどは聴いていて非常に楽しく感じます
また、これはB&Wのスピーカー全体の特徴ですが、スピーカーの存在が見事に消えて、アーティストが目の前にいる感覚を感じさせてくれます。

さらにスピーカーをプラスするならこれがおすすめ!

「607 S2 AE」は2chだけでも、豊かにサウンドを届けてくれますが、サブウーファーを足されるならB&W「ASW608」を足されることをおすすめします。

まとめ

ひらめき

様々な音の方向性を持つスピーカーをご紹介してきました。最後にまとめてみたいと思います。

比較的リーズナブルで、パンチ力あるライブサウンドを楽しみたい方はJBLの「StageA130」と「StageA190 」がおすすめ。
いろんなジャンルの曲、コンテンツをバランス良く楽しみたい方には、オールラウンダーなDALI「OBERON1」と「OBERON5」。
静かなバラード、ジャズ、ボイスがメインのゆったりした曲をメインに楽しまれる方は、ELAC「DBR 62」。
ELAC「DBR 62」
created by Rinker
柔らかな低音、包み込むようなサウンド、音のメリハリではなく全体で楽しみ、一体感を求めておられるなら、TANNOY「Platinum B6」と「Platinum F6」がおすすめ
TANNOYのPlatinumシリーズとは逆に、音一つ一つを楽しみ、コーラスやオーケストラもそれぞれの音像がはっきり見え、クオリティの高いサウンドを楽しみたい方はB&W「607 S2 AE」がおすすめです。

以上の点は、実際にそれぞれのスピーカーを試聴した感覚、及び、海外を含む様々なレビュー記事を総合してまとめたものです。必ずしも、個々人の耳の感覚とイコールではないことにご注意ください。

しかし、どのスピーカーも「PM6007」のポテンシャルを十分に発揮してくれるスピーカーなので、ご自身の好みにあったものを是非聞いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました